性暴力

あなたが望まない性的行為は、性暴力であり、犯罪行為です。

性暴力とは

強姦(ごうかん=レイプ)、強制わいせつ、性虐待、痴漢(ちかん)、盗撮、露出、のぞきなどの直接的な脅迫や、売春、援助交際、ポルノ出演の強要など

これらはすべて性暴力です。

性暴力を受けると・・・

  • 被害を受けた時の恐怖や不安がよみがえり、混乱した状態になる。
  • 気持ちが落ち込んだり、記憶がなくなったりする。
  • 何も感じなくなったり、考えられなくなったりする。
  • 過呼吸になったり、物音に敏感になったりする。

など

性暴力の誤解

  • × 繁華街や夜道などで起こるもの → どこでも起こる可能性があります。
  • × 加害者は見るからに怪しい人である → 知っている人が加害者の場合もあるのです。
  • × 性暴力は女性・女児が被害にあう → 男性・男児も被害にあいます。
  • × 派手な服装や隙(すき)がある行動が原因だ → 被害者に落ち度はありません。

もしも性暴力被害にあったら

  • まずは、安全な場所へ移ってください。
  • 外傷があったり、妊娠や感染症の可能性があるときは、早めに病院に行ってください。妊娠の可能性がある場合、被害後72時間以内であれば緊急避妊薬の処方もできます。
  • 警察へ行くこともできます。信頼できる人と一緒に行くのが良いでしょう。
  • あなたの安全を確保し、あなたの気持ちを優先した上で、相談窓口へご連絡ください。こころとからだのケアを一緒に考えます。

心についた傷は、あなたのことを理解する人達によって少しずつ回復することができます。ひとりで抱え込まずに、まずは相談窓口までお電話ください。

相談窓口

性暴力被害者支援センター北海道 SACRACH(さくらこ)

産婦人科医、精神科医、弁護士など、さまざまな専門機関が協力して運営しています。 相談員は性暴力被害者支援の専門スタッフ(女性)です。

電話番号050-3786-0799

月~金13:00~20:00(土・日・祝日、年末年始を除く)